眼精疲労になりやすい人

スポンサードリンク


目をよく使うと、最近社会問題ともなっている、ディスプレイ作業などの仕事をしている人がドライアイやVDT症候群、視力低下、かすみ目などの視覚障害を引き起こしています。
細かい作業やパソコンなどの仕事をしていると、目の神経や筋肉の働きが低下し、遠近を調整する毛様体の機能も低下し眼精疲労の原因ともなります。
目を使いすぎると、視神経や眼球を支える筋肉が疲れ、目のかすみや、物が二重に見えたりしてしまい、もっとひどくなると、頭痛や首のこり、肩こり、腰痛を招きます。
パソコンの作業で目を疲れさせないようにするためには、部屋の明かりを十分に確保し、画面との距離は50cmにあけ、1時間に10分は休憩をとり遠くを見て毛様体筋のストレッチを行いましょう。

・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンC