味のわかる人になる

スポンサードリンク


現在日本では味覚障害の人が全国に24万人いて、予備軍と呼ばれる人もたくさんいますが、その中でも女性が多いといわれています。
普段の食生活で、食べ物の好き嫌いが激しい、出来合いの物を食べる事が多い、インスタント食品をよく食べる、レトルト食品を食べる、冷凍食品を食べる、ファーストフードをよく食べる、スナック菓子等の間食をよく食べるなどの食品添加物の多い食事をしていると亜鉛が不足し、味覚障害になりかねません。
そこで亜鉛不足にならないためにも、特定の食品に偏らずバランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

・亜鉛