エネルギーが過剰な人

スポンサードリンク


心疾患と脳血管疾患の二つの生活習慣病は共通して、血管の異常によって起こります。
血管の異常は、高脂血症や高コレステロール血症が主な要因といわれ、現在では女性の場合アメリカ人よりも日本人の方がコレステロール値は上昇しています。
そのほか女性は更年期になると、エストロゲンというホルモンが減少することにより、コレステロール値が高くなります。
規則正しい生活をおくり、菓子類やアルコール飲料、バターや肉類、肉の内臓系などの食品は控えて、血中のコレステロール値を下げる効果のある食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。

・EPA・DHA
・食物繊維
・ビタミンC