血行の悪い人

スポンサードリンク


夏に室内で仕事をしている女性にとって、部屋の温度が下がりすぎるとこれがストレスとなって、体内で活性酸素が増加し、酸化が起こります。
血液の流れが悪いと、体の中に酸素や養分が十分に行き渡らず、炭酸ガスや老廃物が蓄積する原因となります。
温度変化に強い体作りを目指しましょう。
そして体を温める食べ物と体を冷やす食べ物があるので、気をつけて摂取するとよいでしょう。
体を温める食材は、にんじんやかぼちゃ、とうがらしやにんにく、納豆などがあり、冷やしてしまう食材は、きゅうりやなす、海藻、鮭、トマト、大根となっています。
体内を冷やしてしま食べ物に関しては、できるだけ加熱調理するといった方法で温かいうちに食べると逆の働きに変化します。

・ビタミンE
・セレン