更年期の症状がある人

スポンサードリンク


45歳を過ぎた頃から、女性ホルモンの分泌量が減り、全体のホルモンバランスが崩れて更年期障害が起こるといわれています。
症状としては、顔がほてったり、汗をかいたり、手足の冷えや、息切れ、動悸、肩こり、腰痛、精神状態が不安定になったりします。
人によって軽い、重いの個人差はありますが、大半の女性が経験する事になります。
食事対策として、大豆製品を積極的に摂り、骨の材料であるカルシウムを補給し、たんぱく質やビタミン、ミネラルを十分に摂取し、生活習慣病を予防することが大切です。
症状が出た時は、あまり無理をせずリラックスして心身をいたわるようにしましょう。

・ビタミンE
・ビタミンC
・ビタミンB群
・コエンザイムQ10