赤ワインポリフェノール

スポンサードリンク


フランス人は欧米人に比べて、高カロリーな食事を摂っていたり、喫煙率が高いにも関わらず、心臓病などの死亡率が低いといわれています。
それは、赤ワインに最も多く含まれている赤ワインポリフェノールを頻繁に摂取しているということがわかっています。
赤ワインの原料であるぶどうの皮には、血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐ作用があり、消化酵素の働きを妨げ脂肪の燃焼を促すダイエット効果や動脈硬化やがんを予防する働きがあります。
その他にも、冷えやむくみを改善し、肌を美しくする効果が注目されています。
ただアルコールを過剰摂取すると、肝臓へのダメージが大きいので、サプリメントでとるほうが安心でしょう。