リコピン

スポンサードリンク


トマトなどに多く含まれる赤い色素成分で、抗酸化作用の働きが強く、その働きはβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。
リコピンを多く含む食材として、トマト、ケチャップ、すいか、柿などがあります。
よりよくリコピンを摂取するには、完熟したトマトがよいでしょう。
活性酸素が原因となるがんや心臓病などの予防、視覚機能の低下に役立つとされています。
サプリメントと摂取する場合は脂溶性なので、食事と一緒に摂取するほうが吸収率が高まります。