β-グルカン

スポンサードリンク


キノコや酵母などに多く含まれている多糖類で、この物質は人間の体では作り出すことのできない成分です。
がん細胞に効くというNK細胞の働きを10~20%上げ、免疫細胞を高める役割をします。
そのほか血中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあるといわれています。
激しい運動をする人や、高齢者にβ-グルカンは非常に効果があります。
β-グルカンを摂取するタイミングとして、食事の30分くらい前か食後2時間以上あけて摂ると良いでしょう。
ほとんどのキノコにβ-グルカンが含まれており、しいたけは100g中27,8g、まいたけは21,5g、エリンギ17,2g、ひらたけ17,1g、なめこ13,6g、ぶなしめじ15,1gとなっています。