ビタミンB1

スポンサードリンク


体に入った炭水化物や糖質をブドウ糖に変えたり、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える働きがあります。
大正時代には、精白米を食べ、おかずが粗末だったため、ビタミンB1による欠乏が起こり、国民病といわれる脚気が日本中に蔓延していました。
現在のところ過剰摂取による何らかの症状はありません。
ビタミンB1が不足すると、脳の働きが悪くなり疲れやすくなったり、精神が不安定になったり、まれに脚気になることもあります。
ビタミンB1を多く含む食材としてあげられるのが、豚ヒレ肉、うなぎの蒲焼、玄米ごはん、大豆などがあります。
摂取の仕方として、水溶性なので1日2~3回に分けて摂ると効果があがります。