ビタミンB6

スポンサードリンク


ビタミンB6は、たんぱく質や炭水化物の代謝に必要なビタミンで、マグロや鶏肉、ピスタチオ、にんにくなどの食品に多く含まれています。
皮膚や髪、歯、肌の健康を保ち、動脈硬化を予防し、妊娠中のつわりなどの症状を和らげる働きがあります。
普通に食事をしている限り副作用はみられませんが、大量に毎日摂取していると、末梢感覚性神経炎やシュウ酸腎臓結石などが起こる可能性があります。
不足すると、貧血や動脈硬化、湿疹などを引き起こし、また妊娠中毒症やつわりの原因になるともいわれています。
ビタミンB6を効率よく摂取するには、ビタミンB1、B2、C、マグネシウムなどと共に摂ると良いでしょう。