にんにく

スポンサードリンク


ユリ科の多年草で、古くから滋養強壮の働きがあるとして利用されており、アメリカではベストセラーサプリメントのひとつともなっています。
にんにく独特の香りであるアリシンという成分には、ビタミンB1の吸収を促すほか、強い殺菌作用や抗酸化作用があります。
しかし摂りすぎると、胃腸を荒らし、腸の中にある役立つ菌を減らしてしまったり、服痛や貧血の要因となってしまうので注意が必要です。
1日の摂取量は、生の状態で1カケ、火が通った状態では、2~3カケを目安とします。