カルシウム

スポンサードリンク


カルシウムは体重の約2%を占め、骨や歯の形成と維持に欠かせないミネラル分となります。
上手に摂取していくには、カルシウムとマグネシウムの割合がマグネシウム1に対してカルシウムは2~3のバランスで摂っていくことが理想です。
カルシウムを過剰に摂取すると、泌尿器系結石を起こしたり、鉄や亜鉛、マグネシウムなどのミネラルを妨げる原因になります。
不足すると、イライラしたり、肩こりや腰痛、骨折や骨粗しょう症になることがあります。
カルシウム自体、永久に骨に蓄えられていくものではなく、20歳に達すると出て行くのを抑えるだけの働きとなるので、若いうちにカルシウムを貯蓄していくことが大事になります。