血液と血管に役立つ栄養素記事一覧

スポンサードリンク


イチョウ葉エキス

イチョウ葉の主な成分は、フラボノイドとギンコライドがあり、フラボノイドは強い抗酸化力で毛細血管を保護、強くする役目があり、ギンコライドは、血液の流れを良くし、血栓が出来るのを防ぐ働きがあります。
また加齢による記憶力の衰えや、老人性痴呆、初期のアルツハイマー病の進行を遅くする効果も認められています。
摂取する際は、1日3回に分けて食後に飲んだほうが吸収率があがります。
また、医薬品などを服用している場合は、専門家や医師と相談するようにして下さい。
チョウにはギンコール酸というアレルゲン物質が含まれているので、イチョウにかぶれたりするという人は、サプリメントには心配ありませんが、イチョウ葉のお茶に関してはギンコール酸が取り除かれていないためアレルギーがある人は注意が必要です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)

DHAとEPAは、青背魚に含まれる不飽和脂肪酸のことで、2つとも似た幅広い効果があるといわれています。
高脂血症、高血圧、アレルギー疾患などを防ぎ、視力の向上、躁うつ病、うつ病、痴呆症に関しても改善効果があります。
DHA、EPAを多く含む食材は、さんまやまぐろ、シソ油、亜麻仁油、ごまがあります。
上手に摂取するには、1日1食、100gの魚を食べると十分のDHAが摂れ、サプリメントの場合は500mgが目安ですが、DHA、EPAはどちらも酸化しやすい性質なので、ビタミンC、E、β-カロチンなどと一緒に摂取すると効果が高まります。

フォスファチジルコリン(PC)フォスファチジルセリン(PS)

フォスファチジルコリンとフォスファチジルセリンは、天然リン脂質です。
主にフォスファチジルコリンは肝臓の細胞膜を強くし、肝機能をアップさせ、フォスファチジルセリンは、脳の機能を活性化し、記憶力や集中力を向上させる働きがあります。
この二つの成分は、細胞膜を健康に保つことで脳機能が活発に働くようになっていて、最近では関心が寄せられています。
摂取するにはサプリメントなどで補うのがよいでしょう。

紅こうじ

紅こうじは、中華料理や沖縄料理で使用されてきたこうじ菌の一種で、消化を助け、血液を循環し、内臓などを強くする薬のひとつとして利用されてきました。
紅こうじの醗酵液の中にコレステロールの合成を抑制し、高脂血症を改善、そのほか血圧を正常に保つ作用のある成分が含まれています。
摂取の要点として、清酒やみそ、醸造酢などが食品にありますが、サプリメントで摂るのが一般的です。
コレステロールを下げたい場合は、就寝前に飲むと効果があがります。
しかし、妊娠中や肝臓の悪い人、コレステロールの降下剤を飲んでの併用は、避けたほうがよいでしょう。

メリロート

メリロートは別名スイートクローバーといわれています。
ハーブの一種で、リンパの流れを良くし、余分な水分や老廃物を排出させ、足や腕のむくみをとり、手足の冷えの改善に効果があります。
男の人に比べて女の人は下半身の筋肉量が少ないため、むくみが出やすくなるのも、そのためです。
メリロートに含まれる有効成分のクマリンは、抗血栓薬のワルファリンの働きを強くする可能性があるといわれています。
メリロートを摂取するにあたって、即効性がないので長い期間続けて服用するようにしましょう。

ナットウキナーゼ

納豆菌が作り出すたんぱく質酵素のひとつで、納豆以外の食品にはありません。
ナットウキナーゼは、便秘の改善、腸内の免疫力アップ、有害物質の減少などの効果があるので、日本だけでなく世界中からも関心を寄せられている成分です。

血栓を溶かすことで、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があります。
病院では血栓症の治療にウロキナーゼという薬が使用されているのですが、納豆1パックに含まれるナットウキナーゼには、ウロキナーゼと同じくらいの血栓溶解効果があるといわれています。
そのほかナットウキナーゼには、ビタミンK2が含まれており、骨祖しょう症を防ぐ作用もあります。
朝食と夕食の時に納豆を食べると、脳血栓や脳梗塞などを防ぐことができます。
抗凝固薬のワルファリンを服用している人は、医師と相談をして摂取するようにしましょう。

トコトリエノール

抗酸化ビタミンといわれているビタミンEは、トコフェロール類とトコトリエノール類の2つに分けられ、トコトリエノールには、コレステロールを低下させる作用があります。
ビタミンE成分のひとつで、強い抗酸化作用を持っているので、動脈硬化を防ぎ、ガンや心臓病、脳卒中を予防するといわれています。
また、肩こりを和らげたり、更年期障害の改善にも効果があります。
トコトリエノールを多く含む食品は、アーモンドやナッツ類、卵黄、レタスなどの葉物野菜などがあります。
摂取する時は、食事と一緒に夕食の時に摂るのが効果的です。

edit