ナットウキナーゼ

スポンサードリンク


納豆菌が作り出すたんぱく質酵素のひとつで、納豆以外の食品にはありません。
ナットウキナーゼは、便秘の改善、腸内の免疫力アップ、有害物質の減少などの効果があるので、日本だけでなく世界中からも関心を寄せられている成分です。

血栓を溶かすことで、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があります。
病院では血栓症の治療にウロキナーゼという薬が使用されているのですが、納豆1パックに含まれるナットウキナーゼには、ウロキナーゼと同じくらいの血栓溶解効果があるといわれています。
そのほかナットウキナーゼには、ビタミンK2が含まれており、骨祖しょう症を防ぐ作用もあります。
朝食と夕食の時に納豆を食べると、脳血栓や脳梗塞などを防ぐことができます。
抗凝固薬のワルファリンを服用している人は、医師と相談をして摂取するようにしましょう。