トコトリエノール

スポンサードリンク


抗酸化ビタミンといわれているビタミンEは、トコフェロール類とトコトリエノール類の2つに分けられ、トコトリエノールには、コレステロールを低下させる作用があります。
ビタミンE成分のひとつで、強い抗酸化作用を持っているので、動脈硬化を防ぎ、ガンや心臓病、脳卒中を予防するといわれています。
また、肩こりを和らげたり、更年期障害の改善にも効果があります。
トコトリエノールを多く含む食品は、アーモンドやナッツ類、卵黄、レタスなどの葉物野菜などがあります。
摂取する時は、食事と一緒に夕食の時に摂るのが効果的です。