ビタミンD

スポンサードリンク


ビタミンDは、骨や歯の健康を保つなど、特に乳幼児の骨の形成に欠かせない脂溶性のビタミンです。
不足すると、骨が弱り骨折し、虫歯ができやすくなったり、骨粗しょう症の原因になり、乳幼児では、くる病になるといわれています。
逆にとりすぎると、食欲不振や吐き気、下痢などを引き起こす原因となります。
ほとんどの場合、食事で過剰症になることはなく、サプリメントで大量摂取した場合に症状として現われる事が多いようです。
ビタミンDを多く含む食材は、鮭、いわし、きくらげ、さんまなどです。
骨粗しょう症にならないようにするためには、カルシウムやリンと共に摂取するほうが吸収率が高まります。