ビタミンK

スポンサードリンク


カルシウムが骨に付着するのを防いで強くしたり、怪我などの時に血液を固めて傷をふさぐ役目をするビタミンです。
ビタミンKが多く含まれている食品は、納豆やしそ、卵、乳製品などに入っています。
過剰症になることはありませんが、抗血液凝固剤を服用している人や血栓症の人は、摂取量を定められる場合があります。
またビタミンKが不足することもめったにありませんが、腸内細菌がいない乳幼児では、内出血などを起こす可能性があるので、授乳中の人を含め積極的に摂取するように心がけましょう。
上手な摂り方として、脂溶性のビタミンなので脂と共に食べると吸収率があがります。