カルニチン

スポンサードリンク


脂質からエネルギーを取り出すために不可欠な物質で、L体とD体の2種類の構造があり、L体のLカルニチンだけに効果があるといわれています。
食品では羊肉やマトンなどの赤肉にたくさん含まれていて、食事から摂取することはできますが、肝臓や腎臓でも合成されます。
カルニチンの役割は、脂肪細胞を活発に動くようにしてリパーゼという酵素を作り出します。
そのリパーゼがたくさんある事によって、肥満やダイエットの働きを向上させることになります。
普段不足する事はありませんが、鉄、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB6が足りないと吸収率が落ちる可能性があります。
上手に摂取するには、カルニチンと一緒にリノール酸を摂ると効果が期待できます。